Nga Mau Mandi わたし、インドネシアに嫁ぎます。

まさかの国際結婚をするまでのわたしの記録

インドネシアの不思議な結婚式part2

 

ご無沙汰しております。

転職や引越しに伴ってバタバタしていた影響で、

ブログをゆっくり書く時間が全然とれませんでした。

 

やっといろんなことを落ち着けて、1月の末から今月の7日までインドネシアに行って参りました!

こちらでも結婚式の準備で大忙し!

 

今回はドレス選び(日本で決めるつもりでいましたが、インドネシアが圧倒的に安かったので…)

デコレーションの業者、写真の業者などとの打ち合わせ、メイクアップアーティストの決定など、盛りだくさんの滞在でした!

 

わたしたちの披露宴会場にはジャカルタにあるホテルを彼の両親が押さえてくれたのですが、

わたしたちはまだ見たことがなかったので、

今回初めて下見に行ってきました!

 

f:id:ngamaumandi:20170209124258j:image

 

相変わらず独特な飾りのセンス… 

 

f:id:ngamaumandi:20170209124337j:image

 

こちらは受付付近。

フォトブースのようなものでしょうか。

 

うーむ。

インドネシアでは紫や青みがかかった色の装飾が人気なのでしょうか。

 

今回結婚式を挙げた2人は華僑の仏教徒

わたしの彼も仏教徒の結婚式に参列したのは初めてだったみたいです。

クリスチャンよりお祈りも少なくてすっきりした結婚式の印象を受けました。

 

f:id:ngamaumandi:20170209124628j:image

 

なんせゲストが何百人もいるので、

こうした立食形式が一般的なのですが、

ヒールを履いているゲストや

お年寄りにはつらいだろうなといった印象。

 

そして何より驚いたのは、

誰も話を聞いていないこと(笑)

 

司会者の話はもちろん、スピーチでもガヤガヤ

乾杯でもガヤガヤ、なんならステージに背を向けてセルフィーしている人まで!

 

これだけの人数がいれば仕方ないことなのかもしれませんが、結婚式という場だけに少し寂しいですよね(笑)

最近日本の結婚式の一体感に感動したばかりだったので、ちょっと違和感を感じました(笑)

 

 

続いては、インドネシア名物、主役を食うゲストたち。

 

f:id:ngamaumandi:20170209125512j:image

 

暗黙の了解を当然のごとく破って白いドレスを着る人や

 

f:id:ngamaumandi:20170209125714j:image

 

お母さん『わいが主役や!』

主役を食うどころじゃない花婿のお母さん…

隣が花嫁ですが、お母さんが主役級の存在感…

 

育ててくれたお母さんも同じくらい主役級で扱う、インドネシアならではの光景ですが、

さすがに、がんばれ花嫁!と心の中で応援せずにはいられませんでした。

 

 

あと、写真はないのですが、ベビーシッター同伴で結婚式に来るのもインドネシアならではですよね。

 

しかも、ベビーシッターさんたちはドレスアップせず、制服のままなのです。

なんだかこれにはやりきれない気持ちになります。

でも一方で彼女たちが子守をしながら1番モリモリ食べていた印象だったので、

美味しいご飯が食べられてラッキー!みたいな気持ちなのでしょうか?

うーん。日本人にはなかなか理解しがたいですね。

 

 

 

そんなわけで、本日のまとめ。

①招待状なしで入れる結婚式

②ド派手な装飾

(むしろ今回は控えめだった)

③主役が誰だかわからなくなるくらい派手にドレスアップしたゲストたち

④白のドレスもうっかり(?)着ちゃう

⑤ベビーシッター同伴で出席するゲストたち

(その場合のご祝儀はどうするんだろう?)

 

以上、豪華5本立てでお送りいたしました!

 

次はドレスについて書こうかな!

また読んでください!

 

それでは!