Nga Mau Mandi わたし、インドネシアに嫁ぎます。

まさかの国際結婚をするまでのわたしの記録

花嫁ドレス事情

 

こんばんは!

 

前回は結婚式そのものについて書きましたが、

今回は、ドレスを購入したので、そのときのことについて書いていきます!

 

わたしが行ったのはジャカルタのとあるドレスブティックで、

彼と同じ教会のおばさまのオススメで行ったので、彼の家族からは、あんまり期待しないでね!と言われていました(笑)

 

わたしも日本でお気に入りのドレスがあったので、

インドネシアにそれを超えるデザインがあるとは思えず、

比較的消極的な気持ちで試着に向かいました。

 

インドネシアはめちゃめちゃ時間にルーズ。

到着すると、予約をしていたのにも関わらず、あと25分待ってね〜と言われました(笑)

 

前回の組が長引いたのだとか。

わたしももう滞在4回目、もうこのくらいではまったく動じません( ̄▽ ̄)

 

 

店内には受付の女性や接客の女性以外になぜか制服を着ていない女性が5人くらいいて、地べたに座っていました。

前のお客さんの付き添いの人かな〜なんて思ってぼ〜っと待つこと30分。

ようやく案内されます(^o^)/

 

試着室にはなんと花嫁の憧れPRONOVIASのドレスが〜〜!!!

日本でも試着しようと試みましたが、11月時点で4月まで試着ができないと言われ、心が折れていたあのPRONOVIAS!

これにはテンションがあがりました(笑)

 

だいたい好きなイメージを伝えて、3着くらい選んでもらって、いざ試着。

 

試着室のカーテンが閉められると、

さっき床に座っていた女性がだ〜〜っと一気に入ってきて、あっという間にドレスを着せてくれました!!

彼女たちはそのためのスタッフだったのか…!

 

日本だと丁寧に丁寧にドレスを着せてくれますが、

こちらでは、そんなに雑に扱う?!ってくらいガサツな扱いで、床には今までとれたのであろうビーズがたくさん落ちていました(笑)

 

そんなこんなで、みんなから1番人気だったこちらのお値段の交渉に入ります。

 

f:id:ngamaumandi:20170211191735j:image

 

最初提示された条件は、ベール、ボレロ付きで日本円にして約30万円。

その時点でえっっ安っっ!!とびっくり。

 

 

※ちなみにボレロとはこんなもの。

 f:id:ngamaumandi:20170211194518j:image

 教会で挙式するときに肌を隠すためのものです。

わたしは長袖にしようと思ったのですが、

なかなか完成のイメージが湧かないので、お母さんオススメのこれを、少なめのギラギラ仕様にしてもらいました(笑)

 

 

 

日本だったら同じドレスが倍以上のお値段。

日本のPRONOVIASに行ったことがないので、正確な数字はわからないのですが、他に購入された方のブログを見るとだいたい60万くらいでしょうか?

PRONOVIASの公式サイトでは似たようなドレスが€1760なので、日本円にして約20万前後。

日本ではとんでもなく上乗せしてることがわかります(笑)

 

しかもこのお店では、スタイルチェンジまでやってくれると!

 

わたしが日本でもともと狙っていたインポートドレスが約50万。

おそらくもともとの値段は半額以下…と、思うとそのドレスを買うのが少しバカバカしくなってしまいました…

 

と、いうわけでこのドレスに心が傾き…

 

お母さんが値切りまくって、最終的には約25万円くらいにまで値下がりました(笑)

 

しかも、日本での結婚式で着た後にジャカルタに持ち込めば、ジャカルタ仕様にスタイルチェンジまでその値段でしてくれるんです(笑)

 

インドネシア仕様にゴテゴテのビーズをつけて(披露宴会場では照明が当たってキラキラして綺麗なんです!)

肩紐の場所も変えてオフショルダーに!

 

これも全部含めて25万はすごすぎる!

 

どんなドレスになるのかわからないけど、

満足のいくドレス選びになりました!

 

彼の両親も気に入ってくれるものがよかったので、一緒に選べてよかったです(^o^)/

 

でも、マーメイドラインにしたことで骨太が目立つ目立つ…

露出も多くて二の腕が気になる…

背中もかっこよくなりたい…

 

というわけで、ワークアウト始めようと思います!

 

がんばるぞ〜

 

それではまた!