読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nga Mau Mandi わたし、インドネシアに嫁ぎます。

まさかの国際結婚をするまでのわたしの記録

不毛な争い

 

こんにちは。

今日から5月ですね。

ついこの間年が明けたと思ったのに、気が付けば世間はGWに突入です。

 

わたしは最近、引っ越しをして、正式にインドネシア人の婚約者と同居を始めました。

 

新しい家に新しい環境、なんだかわくわくするな、なんて思っていたけど、現実はなかなか難しく。

 

前回の記事で書いた喧嘩をなんだかんだ、2人ともズルズル引きずっている状態です。

 

これまでは、彼が7歳年下のわたしにぞっこんで、まるで妹かペットをかわいがるようにかわいがってくれていました。(笑)

そしてわたしも、そんな風にかわいがられるのが好きでした。

 

でも最近は、週の半分は飲み会(元々は大の飲み会嫌いでした)夜帰ってこないなんて日もたまにあり。

 

引っ越してから1ヶ月。ご飯を家で一緒に食べた日は1日だけです。

 

休みの日は当たり前のように寝てて、掃除もわたし任せ。

 

家中の電気はつけっぱなし、使ったコップは机の上に置きっぱなし、洗わずに次々と新しいコップを出す…

 

あれ…誰かに似ている。

わたしの父親だ〜〜!!!!

 

いつの間にこんな日本のサラリーマンになったのでしょう。(笑)

 

家事に関しても、もし、わたしが働いていなくて、専業主婦であれば家事を担当するのは構わないのですが、わたしが彼と全く同じ条件で働いている以上、半分半分にしたいなというのは本音です。

 

家事をやらないのも、飲み会に行ってばっかりなことも、本当はたいした問題じゃなくて、わたしが悲しんでいるのは、わたしへの愛情が減ったことです。

 

毎日欠かさずにLove youと伝えてくれて、わたしが何を着ていようとどんな髪型をしていようと可愛いと褒めてくれたこの2年半に慣れていたわたしには、今の状況がとても悲しいです。

 

結婚を半年後に控えているのに、こんなことでいいのかな…

 

彼はわたしに、愛とは無条件なものでしょ?と言います。

 

きっと、自分の子供ができたらわたしもそうなると思いますが、わたしたちの関係は所詮他人で、宗教も人種も環境もまったく違う2人なんだから、愛は無条件なんてそんな生易しいものじゃないというのがわたしの意見です。

 

そもそも無条件の愛って何でしょう?

 

何をされても怒らないこと?

何をされても許すこと?

 

考えれば考えるほど、答えは出ないし、自分が日本人でキリスト教の考えに納得ができないことに嫌気がさします。

 

彼は家に帰ってきたくないのかな〜

2人で住み始めたばかりの家がそんな風になってしまって、婚約者失格だななぁと悲しくなってここに吐き出してしまいました。

 

今日は早く帰ってくるといいな〜